きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

地球温暖化対策

地球温暖化対策の概要

地球温暖化については、早急に対策をすることが必要です。
温暖化対策には2つの方向性があり、温暖化を抑制することである緩和と、温暖化への適応があります。
緩和策は実際に取り組みが進められており、その中のいくつかは有効性が認められています。

現時点では、温暖化の緩和策による効果は温暖化を抑制するためにはまったく足りていないのですが、さまざまな緩和策を組み合わせて世界中の国々が協力することによって、将来的に温室効果ガスを現状以下の状態にできることは可能とされています。

適応策とは、既に生じている地球温暖化の影響に対して適応していくことです。
温暖化のよる被害を最小限に抑えるための行動が進められています。

地球温暖化対策としての取り組み

地球温暖化対策としてさまざまな技術が生まれています。
まず、各種エネルギー源の効率を改善することにより、二酸化炭素の排出量を抑制するという方法があります。
火力発電の場合はどうしても二酸化炭素が発生するのですが、発電効率が上がれば排出量を抑制することにつながります。

また、石油や石炭といった化石燃料から天然ガスのような温室効果ガスの排出量が少ない燃料へ転換することも重要です。
実際に燃料の転換を実施している国はたくさんあり、日本でも検討されています。
これに関連して、バイオマスエネルギーや太陽光発電、風力発電といった再生可能エネルギーの普及も進んでいます。

それぞれの対策については色々な問題点もあり、限界もあります。
特定の対策だけを重視するのは費用対効果が悪く、あくまでもエネルギー供給システムとして総合的に考えることが大切です。
色々な課題もあり、エネルギー供給に関しては試行錯誤している段階です。

他には省エネルギーを実施して、温室効果ガスの排出量の削減を図っています。
政策によって、省エネ基準を設けることで、各企業や消費者が無制限に温室効果ガスを排出することを防げます。
省エネ製品にはインセンティブを与える政策が実施されているため、各メーカーは省エネ製品を生み出すことに注力しています。

節電を実施したり、空調設定温度や照度を見直すことは、企業や個人で行われています。
古い設備を新しい設備に取り替えることで、効率性を高めることができて、省エネにつながります。
設計施工の段階で省エネを意識して設計することが当たり前の時代となり、一定の成果が出ています。

循環型社会を目指すことも温暖化対策に効果的です。
無駄なエネルギーの消費を減らすことを目的としています。
リデュースやリユース、リサイクルなどは国民に広く浸透しています。

flowers-1037624_640

他にも、植物に炭素を固定させることで温室効果ガスを削減する試みがあります。
急激な人口増加に対して対策をするべきだという指摘がされています。
これら以外にも色々な対策が考えられていて、実際に試されているものも多数存在します。