きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

地球温暖化の原因

地球温暖化の原因

地球温暖化については世界中で研究が行われており、さまざまな説が出されています。
その中でも最も主流な意見として、人間が排出した温室効果ガスが原因となって地球温暖化が引き起こされたという説があります。
この説を元にしてさまざまな対策が検討されています。

気候変動に関する政府間パネルでは、IPCC第4次評価報告書というものが発行されました。
これによると、人間の産業活動によって生じた温室効果ガスが地球温暖化の原因となっている確率は90%以上とされています。
このIPCC第4次評価報告書はたくさんの学術的知見を集めたものであり、世界で認められている報告書のため、これを元にして地球温暖化が語られることが多いです。

多くの研究の結果から、現在の気候変動は自然要因だけで説明することができないと指摘されています。
大気中にはメタンや二酸化炭素、一酸化二窒素といった温室効果ガスが存在するのですが、これらの濃度は産業革命前とくらべてかなり高くなっています。
特に二酸化炭素の増加については、化石燃料を使用したことが原因と言われています。

温室効果ガスの中でも二酸化炭素の影響はかなり大きく、これ以外にもメタンや一酸化二窒素、ハロカーボン類なども地球温暖化への影響力が大きいです。
1750年意向の人間の産業活動が特に地球温暖化を促進させたことが分かっています。
20世紀の半ば頃から地球の平均気温が上昇していることが分かりましたが、これは人間の活動によって生じた温室効果ガスが原因である可能性がかなり高いといわれています。

これらの事実は気候モデルの解析技術が発展したことによります。
特に放射強制力という効果についての理解が深まったことから、温室効果ガスが地球温暖化に影響を与えていると強く主張できるようになりました。

温室効果ガス以外の原因としては、アルベドの低下やエアロゾル、すすなどがあります。
地球環境問題の原因に対する理解水準はそれぞれ異なっています。
温室効果ガスへの理解度は高まっていますが、気候因子についてはまだまだ分かっていないことが多く、専門家の中でも意見が分かれています。

power-station-374097_640

温室効果ガスとは

それでは、そもそも温室効果ガスとは一体何なのでしょうか。
温室効果ガスは太陽光からの日射エネルギーを透過する性質があるため、そのまま地表面にエネルギーが達して温めます。
また、地表から放射された赤外線を温室効果ガスは吸収しやすい性質があります。

これによって、太陽から地球に入るエネルギーと地球から放射されるエネルギーのバランスが崩れるため、そのバランスが取れるようになるまで気温が上昇すると考えられています。
温室効果ガスのおかげで地球は気温を生物が生存できる温度に保てています。
しかし、急激に気温が上昇するとさまざまな異常が起きてしまうため危険なのです。