きれいな地球を守る会

  1. >
  2. >
  3. 野鳥や自然を守る日本野鳥の会

野鳥や自然を守る日本野鳥の会

日本野鳥の会とは

自然を守る団体は日本にいくつかありますが、その中でも特に野鳥の保護に力を入れているのが「日本野鳥の会」です。
日本野鳥の会(Wild Bird Society of Japan)が結成されたのは1934年3月のことです。
支部数は全国に87箇所、会員も3万4000人を超えており、また会員とは別にサポーターが1万6000人以上いる大所帯の会となっています。

この会のおもな目的と活動は野鳥保護区を拡大して維持と管理を充実させること、絶滅の恐れのある野鳥を保護すること、さらに入門用冊子類の広報や配布などにあります。

さまざまなイベント

野鳥に親しむにはやはりバードウォッチングが一番ですが、日本野鳥の会各支部では随時バードウォッチングイベントである「探鳥会」を行っています。
バードウォッチングというのは経験のあるスペシャリストに同伴してもらわないと最初のうちは何が何だかわからないものですが、探鳥会ではリーダーが鳥の見分け方などを現場で詳しく指導してくれます。

探鳥会は毎年約3,000回も開催されており、参加者は7万人にもなります。
興味のある人は野鳥の会のホームページで日時を確認することができます。
各地方ごとに分かれていますから、希望の地域のイベントを簡単に探すことができます。

この他にも同会では子ども向けに小冊子を発行しています。
身近にいる野鳥24種類を紹介した小冊子「おさんぽ鳥図鑑」は希望者には無料で配布されています。
子ども向けのwebサイト「自然とあそぼ!Bキッズ」もありますので、これを見ながら小さいうちから野鳥には保護が必要だという概念を学ぶことができます。

会員になるには

日本野鳥の会に入会するためにはオンラインで申し込むことが可能です。
特に野鳥に詳しくなくても、野鳥を保護したいという気持ちがあれば十分です。
一度会員に登録すると、美しいイラストや写真が入った会員証を受け取ることができます。

また、野鳥に関する多彩な情報が掲載された月刊誌「野鳥」が毎月送られてきますし、地域の探鳥会イベント情報が掲載された支部報も届きます。
この他に特定の交通機関や協定旅館を割り引きで利用できる特典などもあります。
個人会員には「青い鳥会員」(本部型会員)、「赤い鳥会員」(支部型会員)、そして「あおぞら会員」(総合会員)の3タイプがあります。
いずれも入会金は1,000円で、年会費は青い鳥とあおぞらが5,000円、赤い鳥会員が1,000円となっています。

さらに経済的にゆとりがあって野鳥保護を金銭面からもバックアップしたい人のための「個人特別会員」というのもありますので、詳細はホームページで確認するといいでしょう。

コメントは受け付けていません。