きれいな地球を守る会

  1. >
  2. >
  3. メガソーラー発電計画を巡るトラブル

メガソーラー発電計画を巡るトラブル

再生可能エネルギーの大きな供給源となるメガソーラー発電

原子力発電の危険を感じるようになって、再生可能エネルギーへの注目が集まっている日本では、メガソーラー発電の建設が進んでいます。
メガソーラー発電とは、太陽光発電のパネルを大規模に設置して、一か所でたくさんの電力を供給できる施設のことを指します。
もちろん、一般家庭の屋根などを利用して太陽光発電をすることにも大きな意義がありますが、大規模に太陽光発電をすることによって、商業的な意義をもたせ、重要な電力供給の源となるという意味でメガソーラー発電の促進が求められています。

実際に、メガソーラー発電は商業的に利益があるということもあって、全国で建設が進んできました。
しかし、中には住民とのトラブルが生じて建設への反対活動が起こるなど、簡単には行っていない状況も見られます。

メガソーラー発電建設についてのトラブルの原因は?

メガソーラー発電を行うためには、広大な敷地が必要となります。
そのため、多くの場合休耕地や森林部などの土地を利用してメガソーラー発電のための敷地を確保しています。
もちろん、使われていない土地を有効活用するという意味では意味のあることなのですが、そこに問題が生じるケースもあります。

たとえば、メガソーラー発電の装置を設置することによって、パネルによる照り返しによる温度上昇などが生じる可能性があるため、地元住民からの反対が起きているのです。
また、メガソーラー発電施設を建設するために、森林を伐採して土地を確保するなど、環境保護とは逆行する形で建設を進める業者がいるというのも事実です。
さらに、急斜面や土地の状態が悪いところに設備を設置し、それがもとで地滑りが生じてしまうなど、具体的なトラブルが実際に起きているケースもあります。

市民にも理解を得られる形でのメガソーラー発電建設を進めることが重要

このように、再生可能エネルギーの促進のために重要な役割を果たすメガソーラー発電ですが、各地で様々なトラブルを抱えていることも事実です。
その背景には、メガソーラー発電によって利益を得ることを第一として考える業者がいて、住民の意向を無視して建設を進めてしまうという現実があります。

そのため、環境問題の解決、商業的な利益の確保、地元住民の理解ということを総合的に考えて、誰もが納得できる形で事業を行うことが欠かせません。
そこには、自治体による積極的なルール策定やチェック体制、住民と企業間の橋渡しなどが行われる必要があります。
長期的に見てもメガソーラー発電はとても大きな意義を持っていますので、無駄なトラブルでとん挫しないためにも前向きな介入が大事なのです。