きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

大気汚染を引き起こす物質

環境汚染

大気汚染の原因となる物質

大気汚染は人間の産業活動の結果生じる物質が大気中に拡散することによって引き起こされます。
その原因となる物質の種類はさまざまです。
汚染物質は常に監視されていて、どのくらいの量が大気中に存在しているのかが計測されます。

まず、汚染物質として昔から知られているのが二酸化硫黄。
これは酸性雨の原因物質であり、石油や石炭が燃焼した時に生じます。
高濃度の二酸化硫黄は呼吸器に影響を与えるため危険です。

窒素酸化物も大気を汚染する物質であり、酸性雨や光化学オキシダントの原因となります。
窒素酸化物の中でも一酸化窒素と二酸化窒素の割合は大きいです。
自動車や工場、過程などさまざまな場所が発生源となっています。

炭素化合物が不完全燃焼することで発生する一酸化炭素は人体に悪影響を及ぼします。
また、大気中に存在しているメタンの寿命をのばす効果があるとされています。

光化学オキシダントという物質は、呼吸器に影響を及ぼす他に、農作物へも被害が生じます。
大気中に存在している炭化水素や窒素酸化物が紫外線により化学反応を起こすと、光化学オキシダントが発生します。

SMPと呼ばれる浮遊粒子状物質は、10マイクロメートル以下の粒子状物質であり、高濃度で大気中に存在すると呼吸器に影響を与えます。
大気中の粒子状物質の中で粒径が2.5マイクロメートルのものはPM2.5と呼ばれますが、このPM2.5も人体に悪影響を与えます。

上記で説明した浮遊粒子は身近なところにも存在しており、特に子供やお年寄りにとっては危険な物質となります。
浮遊粒子を調査するための方法として微粒子測定器があります。
こちらのサイトでは、微粒子測定器を扱っているため、興味のある方はチェックしましょう。
>>微粒子測定器を扱うニッタ株式会社

大気汚染物質は工場や火力発電所などから発生するものと、自動車や暖炉などから発生するものとがあります。
つまり、産業活動だけではなくて、日常生活の中でも知らないうちに大気汚染物質を排出していることは多いのです。
時代によって、どのような大気汚染物質が問題となっているのかは異なっています。

その他の物質

上記以外のものとして、たばこの煙を大気汚染物質として扱うという味方もあります。
実際にアメリカカリフォルニア州ではたばこの煙は大気汚染物質として指定されています。

代替フロンやフロン類といった物質はオゾン層を破壊するため、大気汚染物質として含めることがあります。
他にも、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスも地球温暖化を引き起こすため、大気汚染物質に含める場合があります。

大気汚染物質はそれぞれ環境基準が決められています。
どのくらいの量までならば人体に影響を与えず安全であるのかが定められているのです。
環境基準以下の量にできるようにさまざまな対策が試みられています。