きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

水質汚染について

水質汚染の原因は?

水質汚染の原因についてですが、主に排水が原因となって水質汚染が加速していくようになっています。

なので、最初はほとんどの人が気づかないまま、水質汚染はゆるやかに進み酷い状況になっていくのです。
例えば、一般生活廃水も今では問題視されるようになりました。
水道水を廃水するだけであれば問題ありません。
ですが、人によっては大量の食器を洗うために、水質汚染で問題視されている洗剤などを使用されている人もいるのです。
このような洗剤は人体に悪影響を及ぼすわけではありません。

ですが、ちりも積もれば山となるという言葉がある通り、水質汚染を少しずつ進めていく行為であることは確かです。
放置していると、水質汚染が進んでしまったことがわかるほど、川などに洗剤の泡が目立つようになります。
このような問題を放置していると、泡などに含まれている有害物質などが水棲動物に悪影響を及ぼすようになってしまいます。
今では、昔のように水質汚染につながるような洗剤は減っています。
ですが、ものによってはあまり改善されていない、水質汚染につながる洗剤も売られているので、洗剤1つとっても環境問題につながる可能性が残ったままなのです。

次に、工業排水も水質汚染の原因です。
工業排水の場合、水質汚染が確実に進んでしまうほど、大量に排水を行っているので何度も問題視されているという歴史まで存在します。
なぜ、このような問題が明らかになっても、水質汚染をやめないのか?というと、それは利益上の問題です。
水質汚染につながる可能性が小さい液体を利用していると、工場内の洗浄などがスムーズに進まない、もしくは洗浄そのものを行えないため、強力な液体を使用する以外に手がない状況に追い込まれている工場も存在するのです。

このような問題が今でも残っているため、今でも水質汚染はゆっくりと進んでいる状況となっています。

個人レベルの水質汚染対策

今回、個人、企業レベルの水質汚染について案内しましたが、個人レベルでの水質汚染を抑止できるような対策も存在します。

その対策とは、あまり洗剤を利用しない生活を送るだけです。
難しく感じる人がいるかも知れません。
ですが、家庭用の皿洗い機などを購入し、スチーム、もしくは強力な水の噴射を利用して汚れを落とすということは可能なので、工夫次第で洗剤を使用しない生活を送れる時代となっているのです。
このような個人レベルの対策だけでも、水質汚染に与える影響は大きいとされています。

水質汚染の原因
水質汚染の歴史
水質汚染の悪影響
水質汚染の対策
「赤潮」の正体は?
「バラスト水」問題とは?
「アオコ」ってなに?