きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

地球温暖化に関する様々な議論

地球温暖化には諸説ある

地球温暖化について議論されるようになってからまだ日が浅いです。
統一的な見解は一応ありますが、それでも地球温暖化については諸説があり、今でもさまざまな議論が存在しています。
特に影響や原因、対策に関することについては、色々な議論があるため、それらについてそれぞれの意見を把握しておくことは大切です。

地球温暖化に関するさまざまな議論

microphone-704257_640

地球温暖化について、世界的に合意が得られている議論として、温暖化人為説があります。
これは地球温暖化が起きた原因は人間の活動の結果であるとする考え方のことです。
近年はこの考え方を否定する国際的な学術機関は存在せず、科学的な合意が得られていると考えてよいでしょう。

ただし、一部の論者の中には人が原因とする説に異議を唱えている人もいます。
たとえば、二酸化炭素が温暖化の主因であるという意見に反対している人や、モデルと現実の気候に不整合があると意見する人もいます。
また、自然現象の影響によって温暖化が生じたと考える説もあります。

太陽活動や宇宙広範の活動、地球の内部の活動、磁気圏の活動などが影響を及ぼしているという主張です。
また、海水や火山活動によって生じる二酸化炭素の方が人為的なものよりも排出の影響が大きいとする考えもあります。
一部国家や軍事産業による影響であるという陰謀論を唱える人もいます。

地球温暖化を緩和するための技術にも色々な議論があります。
再生可能エネルギーを用いることが効果的であるという意見がありますが、これに懐疑的な意見も存在します。
たとえば、発電効率やコスト、エネルギー密度などを取り上げて批判する意見があります。

ただし、再生可能エネルギーについては多くの緩和技術の中でも最も効果が大きいとされています。
実際に、再生可能エネルギーの利用を進めている国は多いです。

原子力発電を利用するのが効果的だとする考えもあります。
ただし、電力損失が大きくて、放射性廃棄物の処理をしなければならず、さまざまな問題点も指摘されています。
また、汚染事故のリスクも存在しているため、国によって原子力発電の利用状況はまちまちとなっています。

炭素固定に関しても色々な議論があります。
森林は二酸化炭素を吸収するため、空気中の炭素を取り込み、固定することができます。
しかし、最終的には枯死してしまい、分解されるため、効果はないという批判もあります。

このようにさまざまな議論が存在しており、一体どれを信じればいいのか不安になる人も多いでしょう。
基本的にはどのような議論であっても、国際的に最も信用されている議論が存在します。
また、新しい研究結果が発表されることによって、それぞれの議論の評価は変化して、より良い議論だけが残るようになります。

大切なのは現時点では学術的にどのような議論が信頼されているのかを知ることです。
また、その議論の科学的な意味をきちんと理解して、自分でもある程度評価できるようになることです。