きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジ

森林と動物を保護するためのプロジェクト

トヨタ自動車が推し進めている、人と自然が共生する未来づくりへのチャレンジは、年々減少している地球上の森林と生物の多様性を保護するためのプロジェクトです。
自動車の生産のためには広大な敷地を持つ工場が必要となりますが、その工場の存在が森林や生物の存在を脅かすようなものとなってはなりません。
そのため、工場とその周辺の環境を動植物に優しいものとすることや、正確な調査を行い具体的にどのような影響が出ているのかを分析して改善を図っていくということが求められます。

こうした目的を達成するために、WWFなどの国際的な機関と連携して、この取り組みが局所的なもので終わってしまうのではなく、グローバル化することを推進しているのも、このプロジェクトの特徴です。
一企業のプロジェクトに終わらず、地球全体の環境が改善されて、人類の未来を明るいものとできるように努めるというのが大きな課題なのです。

それぞれの地域で自然を保護するための活動がなされている

環境の保護活動は、それぞれの地域で必要とされていることが異なります。
そのため、トヨタ自動車の個々の向上や支社などで、地元の環境保護に貢献するための活動を積極的に行うという姿勢を保っています。
たとえば、名古屋市ではラムサール条約の登録地となっている藤前干潟のクリーン活動に携わっていて、この地域における自然環境と生物の保護に貢献しています。

また、グループ各社の従業員すべてが環境に対する高い意識を持てるように、この分野における教育活動をサッシやビデオなどを通じて行っていて、大きなプロジェクトであれ個人的にできることであれ、誰もが環境保護に貢献することができるようにしています。
さらに、それぞれの工場で、地元の自然と調和できるような取り組みをしていて、地元自治体や住民と共同して、環境に役立ついろいろな活動に参加しているのも特徴です。

緑豊かな環境を目指した工場作り

自動車製造のための工場は相当な敷地面積となりますので、その工場の設計を環境に配慮したものとすれば、環境への影響も大きく異なってきます。
そこで、工場で使用されるエネルギーを太陽光発電などの再生可能エネルギーとしたり、敷地内にたくさんの植物を植えることによって緑豊かな環境を作り出すという取り組みがなされています。
工場を設計する際には、単に自動車の製造効率を考えた作りとするのではなく、環境に与える影響もきちんと考えて、どのように森林を減らすことなく工場を建てられるか、敷地内にどのようにしてたくさん緑を配置することができるかが考えられています。

こうした総合的な取り組みによって、森林と生物の多様性を守るための大きな貢献がなされているのです。

コメントは受け付けていません。