きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

水質汚染の原因

海上で発生する水質汚染の原因

最近では、地球レベルで水質汚染の原因を調べる機関も増えてきました。

そのような機関が発表しているデータを元にすると、近年では海上で発生する水質汚染についても、地球の水質汚染を考えていく上で知っておいたほうが良いとされています。
というのも、海で起きている水質汚染というのは、家庭と関わりのある水質汚染だからです。

例えば、タンカーなどを使用して重油といった油を運搬していますが、この行為は水質汚染の原因にもつながる行為として、今では良く知られるようになりました。
実際に、定期的に重油といった油が流出してしまうような問題が、海のあらゆるところで起きているからです。
このような問題は、タンカーから流出してしまった油を取り除けば良いとされていますが、それほど簡単な問題ではないことも今では知られています。
というのも、タンカーから流出してしまった油というのは、すぐに多方面に向かって流れていくからです。

国内でも、同じようなトラブルに巻き込まれたことは数回存在します。
しかし、多くの人が協力して海浜などに流れ着いた油を除去しても、1ヶ月近い期間を要してようやく元の状態に近い状態に戻っただけです。
鳥類、魚類などにも悪影響を及ぼすこともありますし、なによりも水産資源が減ってしまう可能性もある問題として、今では水質汚染の原因の1つとして注目されるようになりました。
今までは一般生活廃水といった身近なものがクローズアップされていましたが、今では目に見えていない地球上の水質汚染についても、クローズアップしなければいけない時代となったのです。

陸上で発生する水質汚染の原因

陸上で発生する水質汚染の原因についてですが、主に天候の影響によって発生する水質汚染が注目視されるようになりました。

というのも、雨や雪として陸上に届けられるものの中には、水質汚染につながるような物質も含まれていることがわかったからです。
これらは今まで大気汚染として扱われてきました。
ですが、雨や雪は長く降り注ぐこともありますし、人体にも悪影響を及ぼす可能性があると指摘されています。
なぜ、これほど今では注目されるようになったのか?というと、酸性雨などの問題が地球上のあらゆる場所で見られるようになったからです。

このような問題は、今まで工場から発生する煙により大気汚染が進み、最終的に酸性雨を降らせると言われていました。
ですが、酸性雨が湖に蓄積するケースもあれば、場合によっては人の生活区を危険なものに変えてしまう可能性があるため、これほど注目されるようになったのです。
他にも、農薬による水質汚染についても、水質汚染の原因の1つとして扱われるようになりました。