きれいな地球を守る会

地球温暖化や大気汚染などの環境問題について考え活動する市民団体のサイト

土壌汚染がもたらす悪影響

pollution-203737_1280

汚染されるのは土だけではない

土壌汚染は土が有害物質に汚染されているわけですが、汚染の影響は土だけに及ぶのではありません。
例えば、その汚染された土壌に農作物が植えられた場合、植物は土から栄養を吸収しますので、有害物質も一緒に取り込まれてしまい、それを食べる人の体内に有害物質が入り込み、健康被害を受ける可能性があります。

また、土壌が汚染されると、それに伴って汚染されることが多いのが地下水です。
汚染された地下水を飲んでしまうと、農作物を食べた時と同じように、体内に有害物質を取り込むことになってしまうので、健康被害が起こります。

どのような健康被害が起こるのかは、有害物質によって異なりますが、毒性による中毒症状、肝臓や腎臓の機能障害、皮膚炎などが起こる他、発がん性が高まることが分かっています。

それだけではありません。
地下水は川に出てやがては海に合流します。
ということは、川や海も有害物質に汚染されてしまうわけです。
さらに、有害物質は川や海にいる魚にも取り込まれてしまいますので、それを食べることによって、人間の体も汚染されることになるのです。

さらに、土壌汚染を引き起こす有害物質には、揮発性のものもあります。
揮発性の有害物質は気体となって土壌に存在しているため、大気をも汚染してしまうことがあります。
大気が汚染されると、汚染は土壌汚染とは比べものにならないほど、速く、しかも広く拡散します。
大気汚染が起こると、呼吸をするだけで体内に有害物質が入り込んでしまい、呼吸器障害などの健康被害を起こす可能性が高くなります。

土壌汚染が及ぼす影響

土壌汚染の影響は、このようにして拡散していきます。
怖いことに、これだけでは終わりません。
有害物質によって汚染された土には、健康な植物が育ち難く、種が蒔かれても枯れてしまうことが多いので、必然的に緑が少なくなります。
緑は二酸化炭素を吸う習性があり、地球温暖化を防ぐのに大きな役割を持っています。
その緑が少くなるということは、地球温暖化が進んでしまうことになるのです。

そして、今までそこに生えていた植物が生えてこなくなったり、その土壌の性質が変わってしまうことで、今までそこで生きていた生き物も生きていけなくなります。
土壌汚染が広範囲に広がっている場合は、生態系にも影響し、絶滅する生き物も出てくる恐れもあります。

土壌汚染は拡散しにくい汚染だと言われていますが、このように回りに及ぼす影響は計り知れないものです。
たかが土壌汚染と思うかもしれませんが、地球の存続にも影響を及ぼすかもしれない重大な汚染なのです。
汚染された土壌は二度と元には戻りません。
現在、地球温暖化を何とかしようと、世界中で温暖化防止が呼びけられていますが、その一方で、土壌汚染が進行しているのは、人間は愚かだとしか言いようがありません。